SSブログ

新型コロナウイルス 謀略の生物兵器か [社会]

皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


産経抄(禊の文化)
https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20201031/0001.html



 ロビンソン・クルーソーの作者、ダニエル・デフォーが、17世紀に書いた、「ペストの記憶」がある。

 当時流行した疫病、ペストの感染拡大を防ぐ社会や人々の苦闘を描いた記録小説です。

 ペスト感染のパンデミック、生命か生計か、管理社会と市民の自由と向き合う危機管理が描かれています。

 ここには、現在のコロナ対策の、3密やソーシャルディスタンスの原型があります。「生命か生計か」というジレンマは、現在の世界経済が抱える深刻な問題と重なります。

 中国は2050年までに、アメリカにとって代わって、国家戦略とした、千人計画、サイバー、一路一帯戦略等々推進で、覇権国家を目指すという。

 この謀略の一手段が、コロナウイルスであろうか。

 中国には「武漢ウイルス研究所」という生物兵器研究所がある。新型コロナウイルスの研究と流出が、故意か事故かという真偽は、闇の中で表からは見えない。

 ここへきて、新型コロナウイルスが、生物兵器だという疑念がはっきりしてきた。

 フランスのウイルス学の権威、リュック・モンタニエ博士は、「新型コロナウイルスが武漢の市場で発生したものとは、私は信じていない。自然なルートで発生したものではない。ウイルスが何の目的で作られたのかは知らない。だがこれは、武漢の研究室で人工的に操作されたものだ。完全に専門的な仕事だよ。この研究室は、2000年以降、コロナウイルスに関して専門化したものだ」

 「新型コロナウイルスの中には、エイズウイルスが含まれている」と語る。「疫病2020より引用}
 

 現代のコロナ禍は、発生源、中国、習近平が、対策の初動操作を誤り、隠蔽したことにより、世界へ拡散した人災であるという。トランプ大統領は、「中国発の疫病」だと糾弾する。輸出入、関税等で、対抗処置をとるという。


 世界は、故意の人災として、中国への損害賠償請求の訴訟を起こした。米、英、ドイツ、イタリー、インド、オーストラリア、等々の国々が、総額、約100兆ドルに及ぶ訴訟だという。

 隠蔽、謀略体制の中国は、平然とこのいわれなき不当な賠償訴訟は一切拒否すると宣言した。


 日本は、世界のコロナ感染者数、4500万人、アメリカ、900万人等に比べ、10万人と極端に少ない。

 麻生副大臣は、かって、民度が違う、と言った。確かに日本は、玄関を入ると、靴を脱ぎ、手を洗い、福を着替える。

 これは、日本人が営々と培ってきた、内と外とを分けるけじめなのだ。

 西洋では、ハグ、握手等々、人と人のスキンシップが日常である。コロナ禍以降、人と人との温もりを感じさせるこの日常風景が見えなくなった。なんとも寂しい限りである。

 日本のコロナ感染者が少ないことに、世界はようやく気づき始めた。何故か?

 行政の強制もなく、要請のみで、3密、ソーシャルディスタンスを守る国民性。

 日本の医療従事者たちは,献身的な使命感と責任感を以ってコロナの最前線で戦っている。

 他人への思いやりが強い、握手、ハグをしない、手洗いやうがい等の衛生観念が高い、等々の日本独特の文化を持つ。

 企業スローガンにも、生産性向上のため、5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾、)などを掲げる企業が多い。

 暮らしも、仕事も、衛生意識や秩序を重んじる国民性がある。コロナ対策と良い面で連携しているのだろう。

 良好な生命活動は、人と人が本能的に群れることを好む。コロナ禍が一日も早く収束し、かってのぬくもりのある群れ社会が戻り、生きていることの躍動感となつかしさを取り戻す時が来ることを願う。


 日本の経済、マスコミの中国依存度はかなり深く深刻である。

 コロナ禍を機に、ビジネス、政治ともども、これ以上、謀略国家の中国依存、深謀遠慮にとりこまれぬ様留意してほしい。



参考図書(Shopping by your account)


デフォー『ペストの記憶』 2020年9月 (100分 de 名著) [ 武田 将明 ]

価格:576円
(2020/10/31 23:12時点)
感想(0件)





疫病2020 [ 門田 隆将 ]

価格:1,760円
(2020/11/3 11:46時点)
感想(17件)





nice!(240) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 240