So-net無料ブログ作成

ワンワールド、新世界秩序、そしてアメリカンドリーム [国際]

皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 フリーメーソン、300人委員会が、究極の目標とするのは、資源枯渇、自然環境保全のため、ワンワールド、世界統一政府を樹立し、地球人口を10憶人にまで強制的に削除することだという。

 余剰人類抹殺という悪魔の謀略である。

 9.11同時多発テロは、表向きは首謀者はアルカイダとされているが、莫大な資金源、高度な計画立案等々、真の計画実行犯は隠されたままだ。

 エジプト出身の記者、ユスリー・フーダは、2002年に、9.11計画実行を指揮したアルカイダ幹部のインタビューという大スクープで世界を震撼させた。

 2014年、ニューヨーク、グラウンドゼロの跡地には、何故か、ワンワールドトレーディングセンターのネーミングで再建された。

 なぜ「ワンワールド」なのか。フリーメーソン「300人委員会」が究極の目的とする、「新世界秩序、ワンワールド」とは無関係なのか。

 ユスリー・フーダ、「危険な道」で明かされた実行犯たちの、殉教者としての神への敬虔な信仰心は、我々の理解の範疇を超える。

 どんなに高遠な理念を掲げても、テロが許されることはない。

 死を覚悟し、忠誠を誓い、神のしもべとして、ジハードを戦うことは、命を失うことを超えて、天国で仲間たちと会えると本気で信じて、全身全霊でテロに身をささげるのだ。

「微笑み安心せよ。神は信じる者とともにおられる。念ぜよ、神がいれば十分である。神に頼ることが最善である」イスラムの殉教者たちへの神の啓示である。

 日本国憲法前文では、「主権は国民にあり」と制定している。イスラム原理主義では、「主権は神にあり」である。

  神への絶対服従の世界であろうか。

 罪もない民間人を数千人も巻き込むことは彼らの思考の外にある。罪深き我々無神論者は、これをマインドコントロールと考える。


 一転、これに比し、ネット上に散見するインドの不可触民やストレートチルドレンの世界は、神も仏もない人間の尊厳を踏みにじる惨状である。

 不可触民は、ヒンズー教の戒律だという。

 マザーテレサは、たった一人でインドへやってきて、ストレートチルドレン、路上生活者や不可触民たちに、寄り添い、手を差し伸べた。

 ストレートチルドレンや物乞い、人身売買等々の最貧民へ国は手を差し伸べることなく、インドは核を保有している。

 三島由紀夫氏は、インドは驚異の国だといった。いったいこの国は、何という国なのだろうか。

 曽野綾子は、アフリカの貧困については語るが、インドの貧困については多くを語らない。インドで「物乞い」は世襲だという。乞食の家に生まれたから乞食になったという、単純なことでは済まされない。

 物乞いの世界には、こうした情念や、教育は届かないのだろうか。マザーテレサが手を差し伸べた以外に、国は何をしているのだろうか。

 インドスラム街には、インドマフィアが巣食い、子供たちの手足を切断し、見世物にして物乞いをさせるという人間の仕業とは思えないほどの残酷さがまかり通ると聞く。

 残虐さでは、英国は、インドを植民地化した時、ダッカのインド綿の織職人の手首をすべて切り落としたという。何が紳士の国なのか。

 国益を完遂するためには、きれいごとでは済まされないということか。

 人の一生に、物乞いで終わる人生があっていい筈は絶対にない。我々は、この最貧民社会の改善に対して無力である。この無力感は、救いようがない。


 スラム街で生まれて、ボクシング世界チャンピオンになったり、サッカーの花形選手になったりする大きな夢の実現が、通常、社会の根底には息づいている。

 河島英五は、「野風僧]で、「いいか男は大きな夢を持て」と歌った。

 松井考典氏が「コトの本質」で言うように、「人生には思ったことしか起きない」である。

 例えば、アメリカンドリームがある。孫正義氏は、高校生の時、面識もないマクドナルド創業者、藤田 田氏を強引に訪ね、自分の将来の教えを請うた。「アメリカでコンピューターを勉強しろ」であったという。

 当時、CPUの大規模集積回路が開発途上にあり、孫氏は、この回路図がコピーされた下敷きを
入手し、コンピューターの将来に、胸をときめかし、その下敷きを抱いて寝たという。

 大きな夢と情熱は、電訳機という特許につながり、当時アメリカで活躍していたシャープ、佐々木専務に売り込んだ。

 シャープは、1億円でその特許を買い、孫正義氏を応援した。その資金で孫正義は「ソフトバンク」を創業し、事業を拡大成功させた。現在、孫正義氏は、個人資産総額、3兆円を超える事業経営者だという。


 日本といえば、日本人に生まれただけで幸せだと思えとよく言われる。片や働きもせずぬくぬくと生活保護を受けて、のうのうと暮らす人間もいる。

 自由、平等、権利を唱える者(自称リベラル、知識人)たちよ、世界の不平等や、アフリカやインドの子供たちへの救済に、少しでも関わろうと思はないのだろうか。



参考図書


危険な道 9・11首謀者と会見した唯一のジャーナリスト [ ユスリー・フーダ ]

価格:2,090円
(2019/10/22 14:17時点)
感想(0件)





不可触民と現代インド (光文社新書) [ 山際素男 ]

価格:770円
(2019/10/24 12:09時点)
感想(1件)






ロケット・ササキ ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正 (新潮文庫) [ 大西 康之 ]

価格:572円
(2019/11/19 22:10時点)
感想(1件)





【中古】 コトの本質 /松井孝典【著】 【中古】afb

価格:200円
(2019/11/21 11:57時点)
感想(0件)









 



 


nice!(247) 

キャッシュレス、AI支配社会の恐怖 [国際]


皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 人工知能(AI)が、全人類の知能の総和を超える時を、シンギュラリティー(技術的特異点)と言う。

 イスラエルの、ユヴァル、ノア、ハラリ歴史学者によれば、『人工知能(AI)とバイオテクノロジーの力で、ごく一握りのエリート層が、大半の人類を「ユーレスクラス(無用者階級)として支配するかもしれない。人類を支配する将来が来かねない、残された時間は多くはないと警告した」という。

 引用記事アドレス
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14170057.html

 最近、AIの囲碁、将棋ソフトの進歩が目覚ましい。定石を超える新手を打ち出す。プロ棋士を凌駕する。

 しかし人工知能は、人間の感情の領域には及ばない。大勝負では、人間は間違える。乾坤一擲、気合で相手を凌駕する。これが人間の勝負の面白さだ。人間の勝負では結果は、99%が自滅だという。

 この人間の弱さと欲があるから、勝負は面白いのであろう。コンピューターの冷徹な計算が勝負を決めても、面白くない。


 ジョンコールマン博士は、「キャッシュレス、国民皆番号社会で、国民の自由は、はく奪され、ワンワールド、一握りのエリートが支配する奴隷社会、世界新秩序の実現となる」と警告する。まさに無用者階級の奴隷社会であろうか。

 国家により、キャッシュカードやIDカードがはく奪されれば、個人の存在は不可能だ。

 グラウンドゼロに再建された貿易センタービルには、ワンワールドトレーディングセンターの標識がある。意味は不明だが、300人委員会の目的である世界新秩序のワンワールドと符合する。

 300人委員会は、世界に10億人を支配下に置く闇の巨大組織である。

 300人委員会が支配する秘密結社「ロ-マクラブ」は、表向きは、人口増加のため、このままでは地球はもたない。経済抑止や環境破壊を止めるという環境保護団体を装うが、裏の顔は、新世界秩序実現のため、米国の徹底破壊、再植民地化を目論み、次の標的は日本だという。
 
 コールマン博士によれば、ケネディー大統領暗殺の真相は、300人委員会と英国の秘密諜報機関MI6の複合体により仕組まれたものだと言う。

 「ケネディーは、在任中、政府が、巨大な闇の権力に支配されていることに気付き、支配権力排除に動いた。

 アメリカドルは、12の連邦準備銀行(民間の株式会社)が発行する。日本で言えば、みずほや三菱銀行が円を発行したらどうなるか。犯罪である。民間で発行されたアメリカドルは、金の裏打ちもなく、紙切れ同然であるという。

 ケネディーはこれを回避するべく、アメリカ財務省でドルを印刷した。これが300人委員会の逆鱗に触れ、ケネディー大統領の暗殺に向かったという。

 300人委員会の頂点に君臨するのが、英国王室、エリザベス女王二世だとされる。MI6は公式には存在しない。運営予算が政府予算ではなく、エリザベス女王のポケットマネーから5億ドルが出されているという」[]内「300人委員会」より引用。

 コールマン博士は、執拗な調査を経て、「アメリカは巨大な嘘をついた」で、9.11同時多発テロの実態に迫った。300人委員会戦慄の悪魔計画である。

 9.11同時多発テロは、300人委員会の闇の計画、新世界秩序の暗黒の未来の序曲だという。

 1899年から2002年まで、英国は、南アフリカの金、ダイア、プラチナ、ウラン等々の地下資源を奪取すべく、当時の最強の軍隊を送り込んだ。英国陸軍は、ボーア人の頑強な抵抗を蹂躙し、南アを奴属させ、莫大な地下資源を手中にした。

 この国家強奪のボーア戦争は、アメリカの独立により、英国が失った巨大な利権を取り戻すべく、300人委員会、MI6、モサドの複合体の闇の計画(9.11同時多発テロ)と類似しているという。

 「政府公式見解は、信じがたい欺瞞に満ちている」

 「ハイジャッカーは、単発の訓練機でひと通りの訓練を受けただけであり、簡単に操縦できる小型機の操縦ライセンスさえ取得できなかったにもかかわらず、どうやってあの大型ジェット機を操縦できたのだろう」

 「異常崩落した二棟のビル、鋼鉄の梁が溶け、コンクリートが気化する筈がない。崩壊ビルの残骸に、鋼鉄の溶けた残骸、コンクリートブロックの残骸は見当たらなかった]

 「ジェット燃料が燃えても1000度C以上にはならず、鋼鉄の溶解温度1370度Cにはならない」


 「何故二つの巨大ビルはほぼ完全に崩壊してしまったのか。前もって世界貿易センタービルには爆弾が仕掛けてあったのではないか。ビルが崩壊したのは、航空機衝突のせいではなく、爆薬の爆破が原因ではないか」
 
 「ハイジャック機の侵入を許し、戦闘機が緊急発進する「航空防衛システムが機能しなかったのは何故か」

 「航空機の自動操縦システムは何故機能しなかったのか。ハイジャッカーがこのシステムを解除しても、目的地へ自動操縦される筈、地上から、ハイジャックされた可能性が高い」

 「大胆推理、ハイジャック機は地上から誘導されていた」

 「建国当時の合衆国、共和国は、300人委員会、闇の権力が政府中枢に入り込み完全に変貌させられている」

 英帝国、ロスチャイルド、300人委員会の複合体の驚愕の計画は、「米国の政府中枢に侵入し、米国の政府を内奥から破壊し、米国再植民地化を目論む」という。

 「9.11同時多発テロは、合衆国憲法を破壊するべく仕掛けられた戦争である。米国民の圧倒的多数が、敵は、イスラムでも、アフガニスタンでもなく、米国の敵は、米国内にありという明々白々の事実に気づくことができないでいる」

 「世界貿易センタービルへの攻撃をきっかけとして、「対テロ法」をろくに読みもしないで、ろくに議論も闘わせないで、議会を通過させた。議会は、その合憲性をめぐり徹底した議論が行われねばならない。それを反故にし、合衆国憲法を破壊したのである」

 「対テロ法」はアメリカ国民の自由をはく奪する合衆国憲法に違反する凄まじい悪法だという。   

 以上「」内は「アメリカは巨大な嘘をついた」より引用。

 ジョン・コールマン博士は、前所属の英国諜報機関MI6より、裏切り者として資産、年金、保険をはく奪され、著作には、妨害工作、剽窃、非難中傷が繰り返されているという。 

 コールマン博士は、米国、日本の愛国者市民に対し、「人類史上最悪の、悪魔のごとき独裁政治を打ち倒す」ための戦いに立ち上がるよう30年以上に渡り訴え続けている。

 まさに命と引き換えの良心の闘いは、トランプ大統領の、「アメリカファースト、偉大なるアメリカを取り戻す」と重なって見える。

 この闘いが、アメリカ建国当時の、輝かしい自由と独立の精神を取り戻す闘いになることを願う。     

 都市伝説では済まされない。チコちゃんではないが、「ボーっと生きてんじゃねーよ」、

 「信じるも信じないもあなた次第です」

 前投稿記事があります。よろしければ
 https://mwainfo-2.blog.so-net.ne.jp/2019-07-04


参考図書
コールマン博士の著作は、日米で、かなり入手困難である。新版は直接、成甲書房よりご購入ください。

【中古】9・11アメリカは巨大な嘘をついた / ジョン・コールマン

価格:158円
(2019/9/15 17:38時点)
感想(0件)





300人委員会(上) 支配される世界 [ ジョン・コールマン ]

価格:1,944円
(2019/9/15 17:42時点)
感想(0件)





【中古】 300人委員会 「世界人間牧場計画」の準備はととのった!! /ジョンコールマン(著者),太田龍(訳者) 【中古】afb

価格:1,429円
(2019/9/18 22:49時点)
感想(0件)





【中古】300人委員会凶事の予兆 / ジョン・コールマン博士

価格:640円
(2019/9/15 17:47時点)
感想(0件)






















nice!(278)