SSブログ

落ち葉の科学、そして草木染 [宇宙]

皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 落ち葉が落ちるのも、リンゴが落ちるのも、ニュートン力学や、一般相対性原理の法則によります。

 徒然草では、「木の葉の落つるも、まず落ちて芽ぐむにはあらず、下より萌しつはるに絶えずして落つるなり」とあります。

 落葉樹の葉の再生は、葉があるうちに、その下から新芽が兆し膨らんでくるため、芽が伸び押し上げる力により、古い葉は落ちるという。

 「見えるものは、見えないものにつながっている」見えないものを見る洞察力や、感受性が必要なのだ。

 例えば、風は見えないけれど、頬に当たる風で感じ取ることが出きる。

 風を読む、良い風が吹く、等々、見えないものを感じ取る直観力のようなものが必要だ。


 沈丁花の春の香りが去って、桜の季節、草木染の桜染めの彩色に感動する。


 桜の花のピンク色は花が咲く前年の9月頃、木の樹皮の中で生成が始まるという。

 翌年、花が咲く直前のつぼみをつけた小枝を集め、窯で煮詰めて抽出液を作る。最初はオレンジ、ベージュ、ピンク色の混合液で、これを2~3ヶ月煮詰めてピンク色のエキスを抽出して行くという。


 桜の花の種は小鳥達がついばんだ種が大地に芽吹き、幹や樹皮に蓄えられたピンク色が花をピンクに染めるが、花を煮出してもピンク色の草木染は出来ないという。

 自然界の生成の仕組には驚嘆すべきものがある。

 草木染の超一級、第一人者、志村ふくみさんは、「一色一生」の中で言う。

 「本当のものは、見えるものの奥にあって、物や形にとどめておくことの出来ない領域のもの、海や空の青さもまたそういう領域のものなのでしょう」

 志村ふくみさんの、仕事への取組み、向き合い方は、天性の洞察力に満ち溢れている。

 藍染のかめの内部の様相、染め上げの色合いの神秘には、目を見張るものがある。藍染は日本女性の高貴さに似合うという。



  参考図書詳細(Shopping by your account)

 

一色一生 現代日本のエッセイ (講談社文芸文庫) [ 志村 ふくみ ]

価格:1,265円
(2021/6/13 12:56時点)
感想(2件)







nice!(206) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 206