SSブログ

コロナの暗号 [社会]

皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。



 「コロナの暗号」村上和雄著、という本がある。

 「DNAは利他的である」という。このために、人間は、貢献、連帯、奉仕等々という自己犠牲を引き受けることが出来るのであろうか。

 世界が皆、俺が、私がと主張すれば、いずれ争いや戦が起きる。

 DNAを利他的に設計したあるもの、それは、Something great、と呼ばれる。強いて言えば、「神」というのかもしれない。

 そのために、世界は共存、仲良くやっていけるのであろう。37兆個の細胞は争わず77億の人間は争い続ける。日本には古来より、利他の精神と和の文化が息づいている。

 コロナのウイルスの深刻な危機の今こそ「他者のために生きる」ことが必要である。

 協力、共存の精神を呼び戻そう。

 コロナパンデミックは、人間が、自然や動物を軽視したのが原因であり、「生きていることに感謝」、「心よりのありがとう」は遺伝子に届くという。

 自然破壊を取り戻すには、「つつしみ」が必要。人間と自然を分けて考えない。我々は自然の一部でそのおかげで生きていられるのだ。

 遺伝子は、助け合って利他的に行動している。ヒトが最も繁栄したのは、助け合う力があったからであろうか。

 「ありがとう、おかげさま、いただきます、ごちそうさま」は、遺伝子の美しさの言葉に表れる。

 我々は、コロナにより、本来の人の姿を取り戻しつつあると言えようか。

 
nice!(209) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 209

我々は、何処からきて何処へ行くのか|- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。