So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

野生の哲学 [社会]

皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 野生の狼の強靭な生命力(WILD NATURE 地球大紀行)


 『野生のオオカミ母子 厳冬のアルプスを生き抜く

 イタリア・アルプスで命を落とした一匹のオスのオオカミ。
 ボスであったそのオスを失ったメスのオオカミは、群れを追われます。
 彼女には生きる理由がありました。彼女のお腹には6匹の小さな命が宿っていたのです。
 たった独り、アルプスの厳しい自然の中で出産をし、捕食者たちから身を護り、獲物を狩り、子供た ちを育てなければなりません。
 凍てつく雪と暴風の中で、危機的な飢餓状態が襲います。
 人間と牧羊犬を欺いて羊を襲おうと計画しますが、計算外のハプニングで家族にさらなる危険が…。
 母オオカミと6匹の子オオカミたちのイタリアからスイスまで1300キロに及ぶ旅路。
 その先には、いかなる結末が待っているのか?BBCのカメラが母オオカミと子オオカミたちの姿を 追います』BS朝日 地球大紀行再放送より引用

 「地球大紀行」は、「コトの本質」を書いた自然科学者、松井考典氏の企画、監修による1987年に始まった、地球、生命、人間、宇宙に関する壮大なシリーズドキュメンタリー番組であるが、「WILD NATURE 地球大紀行」は、BS朝日が放映する、英国BBC制作のオリジナルシリーズである。
 

 狼のつがいのオスは、自分たちの獲物を狙う熊と闘い瀕死の重傷を負う。メスは最後までオスに寄り添い、添い遂げる。オスを置いて逃げることはしない。

 オスが死ぬと、メスは群れの中に自分の居場所うなくなり、群れに帰ることはできない。ここからメスの、零下数十度の厳寒のアルプスを1300キロを移動する野生の生命力の強靭さを魅せる。

 野生とは何か。一つには、闘う本能である。生命そのものの中に内包する根源的な生き延びる生命力である。

 畳の上で人間に飼われる猫はネズミを捕らなくなる。犬も歯槽膿漏になるという。

 何でも手に入る文明や環境の中で、ぬくぬくと生きている人間たちは、野生の生命力を失ってゆく。

 生命のもう一つの側面、理性という、愛、貢献、連帯、犠牲等々も希薄になり、野生と理性のバランスが崩れてゆく。

 人間社会は、今、やわな様相を呈している。子殺し、親殺し、煽り運転、等々を見るがいい。他者も同じ命や正義を生きていることを忘れる。

 闘争力も、進化も、競争力に勝ち抜く意欲すら失われてゆく。チコちゃんではないが、ぼーっと、ぬくぬくと生きてんじゃねえよ、、である。


 吉野弘さんは「生きていることの懐かしさ」と言った。命が持つ他者との一体感であろうか。

 他者を認めつつ、フェアに闘うことを忘れる。格差社会を嘆くばかりである。

 かって、子供たちは、野山や原っぱを駆け巡り、遊びや喧嘩に明け暮れていた。仲間たちには、面倒見のいいガキ大将がいてそれなりに統率がとれていた。

 今、都会では、駆け巡る野山も原っぱも無く、ガキ大将もいない。ぶつかり合い、取っ組み合いの遊びと喧噪の中から自分を主張する場がなくなってしまった。

 大自然の中から生き延びる知恵を学び取っていたが、今は草食系などという、喧嘩も遊びもしない、ひ弱な男子が多くなったと聞く。男らしさ、女らしさが薄れてきたのだろうか。”ひとの匂い”が失われたのだろうか。
 
 宗教家でありながら、実社会に身を投じ活動する体験的哲学論者、町田 宗鳳氏が提唱する、 「野性の哲学」がある。

 逞しく生き抜く力は、自己の中にある野性の力である。癒しは、外ではなく、自己の内にあるものである、と言う。
   
 実社会を演釈出来ない学問、或いは、宗教は、その存在価値を失う。生きてゆくために必要なことは、癒しでも、救済でも、権力でもなく、他者を思いつつ、家族を、国を、世界の友を背負い、生き抜く強さなのであろうか。

 町田 宗鳳氏は、アメリカ暮らしの実体験から、アメリカ社会の底力には、未だに狼の逞しい野生の匂いがするという。

 ニューヨーク、マンハッタンには、世界の1%にも満たない富裕層、セレブ達の超高級住居群が林立し、ブロンクスなどの極貧層、ホームレスと対峙しているという。

 弱者救済などという行儀のいい理屈は通らない、まさに競争社会の勝ち組と負け組がはっきりしているという。

 狼の野生の本能に学ぶべき、競争心、闘争心むき出しの社会であろうか。

 町田宗鳳ホームページ

 https://www.arigatozen.com/ 

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BA%E7%94%B0%E5%AE%97%E9%B3%B3

 参考図書 「野性」の哲学―生きぬく力を取り戻す』(ちくま新書、2001年)


 
nice!(259) 

明けましておめでとうございます [社会]

皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。




 皆様、新年あけましておめでとうございます。

 新しき年、稔り多き年、健康である年をお祈りいたします。

 本年も相変わりませずよろしくお願いいたします。


 門松は 冥土の旅の 一理塚

 めでたくもあり めでたくもなし

 一休禅師の正月を詠んだ一句である。


 60兆個の細胞が整然と秩序だって組み込まれ生まれた命は、輝かしい未来に向かい歩み始めるが、たどり着く先は、死である。

 これは、宇宙のさだめ、エントロピー増大の法則を免れない。

 命がけ、死に物狂い、と死と表裏一体でなければ、生きていることの充実感、使命感は達成されないであろう。

 松井考典 理学博士は、考えるとは、「事の本質」見抜くことだという。

 松井氏は、地球に海がなぜあるのかを20年以上も考え続けたという。

 海がなぜあるのか、命がなぜ海から生まれたのか、地球はどうしてできたのか、等々が、 ある日、突然ひらめいたという。

    椰子の実

 名も知らぬ 遠き島より

 流れ寄る 椰子の実一つ

 故郷の岸を 離れて

 汝(なれ)はそも 波に幾月


 遠い日に、海辺の砂浜で、どこからともなく聞こえてきたのは、あの懐かしい唄と渚のざわめきであった。


 三木成夫氏の「胎児の世界」によれば、

 30億年も前、人類の原初の生命体は、海から陸へ上陸する前の渚で暮らした太古の生命記憶を持つという。

 母の胎内で聞く羊水の音の記憶は、まさにこの渚のざわめきだという。

 
 母親の胎内で赤ちゃんを育む羊水は、ミネラルバランスから見るとその組成は太古の海水とよく似ているといわれる。

 「この地球上の生命が誕生したのは、30億年以上も前の海の中からである。生命が陸に上陸する前に、渚に暮らしていた時代に、生命体に月のリズムが刻まれた」のだという。

 潮の満干は、人間の生命、特に母体とは密接に関係しているらしい。もうひとつ受け継ぐのが、体内時計である。 概日リズムの体外時計が、一日24時間に対して、生命の成長と老化を司る人間の体内時計は25時間であるという。この1時間の差がまた宇宙の神秘を秘める。

 この1時間のズレは、朝の目覚めで、朝日を浴びることで24時間にリセットされる。リセットされない生活が長く続くと、夜と昼が逆転し、不眠症など心身のリズムとバランスが崩れ、体調不良になるという。

 
 母親の胎内で胎児は、十月十日、絶え間なく響く血潮のざわめき、あの海の潮騒を聞いて育つ。

 「生まれてまだ目もあかない赤ん坊が、何かを思い出したようにニッコリ笑ったりするのを、わたしたちはいつも見ている。それはほかでもない、母の胎内で見残したそのような夢の名残りを、実際見ているのだ」という。

 「母の胎内で見残した夢の名残を見ている」という、壮大な生命誕生の遥かな記憶と神秘の物語である。

  (胎児の世界  三木 成夫 著 より抜粋)

 海辺の砂浜で、潮風と波のざわめきに身をゆだねれば、遠い太古の記憶、母の胎内で聴いた子守唄、渚のざわめきが甦る。

 青い波の地平からやってくる頬を過ぎ行く潮風により、心身共にリフレッシュされるのかも知れない。


 新しき年、輝くいのちへ、感謝の年であることを願います。


 参考図書

 

胎児の世界 人類の生命記憶 (中公新書) [ 三木成夫 ]

価格:770円
(2020/1/3 12:01時点)
感想(9件)


 

 


nice!(244) 

禅の呼吸法、数息観と健康長寿 [禅語]

皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。

 
 「数息観」という、一分間三回の禅の呼吸法があります。

 ヒトーツで、1,2,3秒と数えて息を吸い、フターツで、1~17秒と数えて息を吐きます。一呼吸20秒で、一分間三回の呼吸法です。

 修行により、この呼吸法を身に着けますと、心身ともにバランスが取れて、健康長寿になります。

 この呼吸法は、全の極意ですから、禅寺の参禅会へ行き、修行僧から正式にしっかりと学ばねばなりません。

 ここで、せっかくですから、少し禅の勉強をしましょう。

 禅とは、「私」というこだわりを捨てることです。「私」から離れて、他者に尽くすことです。

 禅の公案に、「片手で音が出るか」、「片手の音はどんな音か」があります。

 答えはなかなか見つかりません。両手で拍手、にこだわるからです。片手で頬をたたいてみてください。

 パチンと音がします。両手で拍手、のこだわりを捨てた片手の音です。

 世界が、皆、私が、俺が、と主張すれば、争いが起きます。自己を捨て、自己から離れ、他者に尽くす、これが禅の始まり、「無我」、「空一円相」の世界です。

 自己の心を見つめ、無償の徳を積み、相手の立場に立ち、思いやりを持って、優しい言葉をかけ、他者のために尽くす「利他」の修行です。

 ひと昔前に、「象の時間 ネズミの時間」というベストセラーがあった。

 これによれば、哺乳類の一生の呼吸数は、5億回だという。

 平均年齢80歳とすると、呼吸数は、約12回/分になる。

 禅の数息観の3回/1分は、かなりハードな呼吸数数である。高度な禅の修行が必要であろうか。

 理想の呼吸数は、1分間に8~10回. 一般人の呼吸回数は、平均1分間に12-16回とされる。

 『呼吸法の極意は,西野流、「足芯呼吸法」である。実際は鼻から息を吸っているわけですが、足の裏を意識して呼吸することによって、足芯から膝、ももを通って丹田(下腹部)へ、エネルギーが昇っていくのが感じられます』


 「生きるパワー 西野流呼吸法」

 「人間の頭脳、身体の「総合知」が「身体知」である。細胞レベルで、身体をゆるめる「緩揺な身体」により、深い呼吸が出来、必要なエネルギーを取り入れることができます。

 西野流呼吸法は、まさにこの身体を緩ませる呼吸法なのです。「気」が充満し、西野先生の対気は、凄まじく、離れた相手を吹き飛ばし倒すほど強烈です。(テレビで見た方もいらっしゃるかと思います)

 「日本女子体育大学教授 片岡詢子医学博士は、西野流呼吸法は、生き生きとした60兆個の細胞づくり、身体づくり、生き方づくりのエッセンスであると言います。

 西野流呼吸法は、七つの法則(緩揺、快感、均衡、量熱、、共生、自主、無心)からできています」

 由美かおるさんが実践しています。


 特に共生の法則は、自然の摂理に則って生きることを基本とします。身体にエネルギーが充満してくると、自己のこだわりから離れ、他者に尽くし、自然に両親を敬い、先祖に感謝し、自然の摂理に感謝する気持ちになってくと言います。

 この呼吸法をマスターすれば、自他ともに、60兆個の細胞が司る生命への息吹と神秘に感謝する情念に気づかされ、生命が輝き、躍動する身体になると言います。



参考図書


食禅 心と体をととのえる「ごはん」の食べ方 (知的生きかた文庫) [ 柿沼 忍昭 ]

価格:693円
(2019/12/21 12:31時点)
感想(1件)





【新品】【本】禅の言葉に学ぶていねいな暮らしと美しい人生 枡野俊明/著

価格:594円
(2019/12/21 12:35時点)
感想(0件)





【中古】 「図解」禅のすべて 禅とは「禅定」の省略形である 光文社文庫/花山勝友(その他) 【中古】afb

価格:200円
(2019/12/3 20:46時点)
感想(0件)





西野流呼吸法 生命エネルギー「気」の真髄 (講談社+α文庫) [ 西野 皓三 ]

価格:880円
(2019/12/3 20:38時点)
感想(0件)





【中古】 生きるパワー西野流呼吸法 七つの法則 ちくま文庫/西野皓三(著者) 【中古】afb

価格:200円
(2019/12/3 20:41時点)
感想(0件)




 









 
nice!(239) 

ワンワールド、新世界秩序、そしてアメリカンドリーム [国際]

皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 フリーメーソン、300人委員会が、究極の目標とするのは、資源枯渇、自然環境保全のため、ワンワールド、世界統一政府を樹立し、地球人口を10憶人にまで強制的に削除することだという。

 余剰人類抹殺という悪魔の謀略である。

 9.11同時多発テロは、表向きは首謀者はアルカイダとされているが、莫大な資金源、高度な計画立案等々、真の計画実行犯は隠されたままだ。

 エジプト出身の記者、ユスリー・フーダは、2002年に、9.11計画実行を指揮したアルカイダ幹部のインタビューという大スクープで世界を震撼させた。

 2014年、ニューヨーク、グラウンドゼロの跡地には、何故か、ワンワールドトレーディングセンターのネーミングで再建された。

 なぜ「ワンワールド」なのか。フリーメーソン「300人委員会」が究極の目的とする、「新世界秩序、ワンワールド」とは無関係なのか。

 ユスリー・フーダ、「危険な道」で明かされた実行犯たちの、殉教者としての神への敬虔な信仰心は、我々の理解の範疇を超える。

 どんなに高遠な理念を掲げても、テロが許されることはない。

 死を覚悟し、忠誠を誓い、神のしもべとして、ジハードを戦うことは、命を失うことを超えて、天国で仲間たちと会えると本気で信じて、全身全霊でテロに身をささげるのだ。

「微笑み安心せよ。神は信じる者とともにおられる。念ぜよ、神がいれば十分である。神に頼ることが最善である」イスラムの殉教者たちへの神の啓示である。

 日本国憲法前文では、「主権は国民にあり」と制定している。イスラム原理主義では、「主権は神にあり」である。

  神への絶対服従の世界であろうか。

 罪もない民間人を数千人も巻き込むことは彼らの思考の外にある。罪深き我々無神論者は、これをマインドコントロールと考える。


 一転、これに比し、ネット上に散見するインドの不可触民やストレートチルドレンの世界は、神も仏もない人間の尊厳を踏みにじる惨状である。

 不可触民は、ヒンズー教の戒律だという。

 マザーテレサは、たった一人でインドへやってきて、ストレートチルドレン、路上生活者や不可触民たちに、寄り添い、手を差し伸べた。

 ストレートチルドレンや物乞い、人身売買等々の最貧民へ国は手を差し伸べることなく、インドは核を保有している。

 三島由紀夫氏は、インドは驚異の国だといった。いったいこの国は、何という国なのだろうか。

 曽野綾子は、アフリカの貧困については語るが、インドの貧困については多くを語らない。インドで「物乞い」は世襲だという。乞食の家に生まれたから乞食になったという、単純なことでは済まされない。

 物乞いの世界には、こうした情念や、教育は届かないのだろうか。マザーテレサが手を差し伸べた以外に、国は何をしているのだろうか。

 インドスラム街には、インドマフィアが巣食い、子供たちの手足を切断し、見世物にして物乞いをさせるという人間の仕業とは思えないほどの残酷さがまかり通ると聞く。

 残虐さでは、英国は、インドを植民地化した時、ダッカのインド綿の織職人の手首をすべて切り落としたという。何が紳士の国なのか。

 国益を完遂するためには、きれいごとでは済まされないということか。

 人の一生に、物乞いで終わる人生があっていい筈は絶対にない。我々は、この最貧民社会の改善に対して無力である。この無力感は、救いようがない。


 スラム街で生まれて、ボクシング世界チャンピオンになったり、サッカーの花形選手になったりする大きな夢の実現が、通常、社会の根底には息づいている。

 河島英五は、「野風僧]で、「いいか男は大きな夢を持て」と歌った。

 松井考典氏が「コトの本質」で言うように、「人生には思ったことしか起きない」である。

 例えば、アメリカンドリームがある。孫正義氏は、高校生の時、面識もないマクドナルド創業者、藤田 田氏を強引に訪ね、自分の将来の教えを請うた。「アメリカでコンピューターを勉強しろ」であったという。

 当時、CPUの大規模集積回路が開発途上にあり、孫氏は、この回路図がコピーされた下敷きを
入手し、コンピューターの将来に、胸をときめかし、その下敷きを抱いて寝たという。

 大きな夢と情熱は、電訳機という特許につながり、当時アメリカで活躍していたシャープ、佐々木専務に売り込んだ。

 シャープは、1億円でその特許を買い、孫正義氏を応援した。その資金で孫正義は「ソフトバンク」を創業し、事業を拡大成功させた。現在、孫正義氏は、個人資産総額、3兆円を超える事業経営者だという。


 日本といえば、日本人に生まれただけで幸せだと思えとよく言われる。片や働きもせずぬくぬくと生活保護を受けて、のうのうと暮らす人間もいる。

 自由、平等、権利を唱える者(自称リベラル、知識人)たちよ、世界の不平等や、アフリカやインドの子供たちへの救済に、少しでも関わろうと思はないのだろうか。



参考図書


危険な道 9・11首謀者と会見した唯一のジャーナリスト [ ユスリー・フーダ ]

価格:2,090円
(2019/10/22 14:17時点)
感想(0件)





不可触民と現代インド (光文社新書) [ 山際素男 ]

価格:770円
(2019/10/24 12:09時点)
感想(1件)






ロケット・ササキ ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正 (新潮文庫) [ 大西 康之 ]

価格:572円
(2019/11/19 22:10時点)
感想(1件)





【中古】 コトの本質 /松井孝典【著】 【中古】afb

価格:200円
(2019/11/21 11:57時点)
感想(0件)









 



 


nice!(247) 

グレートジャーニー、原住民の知恵 [社会]

皆様方のいつも温かいご支援を感謝いたします。


 my challenger's log 一冊目は、

 こちら

 http://mwainfo.blog.so-net.ne.jp/ 

 より閲覧願います。


 我々は、何者なのか、どこから来て、どこへ行くのか。

 関野吉晴医師は、人類がアフリカ大陸から南米大陸へと拡散した5万キロの道を逆ルートで辿る「ゲレートジャーニー、原住民の知恵」を探る壮大な旅に挑んだ。化石燃料を使わず、徒歩、自転車、カヤック等々で走破した。

 『原住民は、必要以上に大きな家は建てない。時間や地図の概念は持たず、自然の循環、再生サイクルとともに、トロトロと暮らすという。

 地球上の2割に満たない人々が、8割近いエネルギーを使っていると言われる。エネルギーをなるべく消費しないで、どうしたら人間が幸福になれるかを考えてみればいいのです』と言う。

 産業革命以降、人類は、人口増加のため、地球のキャパシティーを超えて、自然環境、生態系の破壊を進めました。関野氏は、1972年、「ローマクラブ」発表した「成長の限界」というレポートを紹介しています。

 「このままでは地球はもたない」「世界の経済成長をそろそろ止めなければならない」との主張である。

 英国秘密情報部、MI6出身のジョン・コールマン博士によれば、「表向き、環境保護団体を装いながら、このローマクラブの裏の顔は、恐るべき悪魔の闇の権力団体なのだという。関野医師は、この情報をご存じなのだろうか。


 ローマクラブは、世界の10億人を支配する巨大闇の権力、300人委員会支配下にある最強の秘密結社であるという。

 300人委員会の「ワンワールド、世界新秩序達成に基づき、米国破壊、再植民地化を狙い、次の標的は日本であるという。

 関野医師は、この隠されたローマクラブの陰謀をご存じなのだろうか。グレートジャーニーの中で、「アメリカという国の真実と悪行」を糾弾している。

 300人委員会は、フリーメーソンの邪悪な野望を継承し、組織化された闇の巨大権力機構である。

 フリーメーソンの奥の院が、極悪、悪魔の秘密結社、イルミナティー、世界を動かす13血流名家であり、その下部組織にあるのが、300人委員会、MI6、CIA、モサド等々の複合組織であるという。
 
 「世界を動かす13血流名家とは、

 アスター家、コリンズ家、デュポン家、李家、オナシス家、ラッセル家、ケネディー家、ロックフェラー家、ロスチャイルド家、バンディー家、フリーマン家、ファン・ダイン家、「聖なる」ダビデの血流、その他、十三血流周辺のレイノルズ家、クルップ家などがある。 

 300人委員会は、英国秘密情報部、MI6との複合体で、CIA、モサド等々と連携する。世界に10億人を支配下に置き、世界の政治、経済に深く潜入し、牛耳る悪魔のの巨大権力機構である。

 MI6は、公式には存在しないとされる。運営予算が、英国王室、エリザベス女王2世のポケットマネーから出されているからだという。予算額は5億ドル、日本円で500億円である。

 300人委員会の頂点に立つのが、何と英国王室、エリザベス女王2世であるという。

 アメリカ政府の公式発表とは全く違う、300人委員会とMI6の複合組織は、9.11同時多発テロ、ケネディー大統領暗殺等々の実行組織であるという」

 以上[]内、ジョン・コールマン博士著「300人委員会」より抜粋。

 コールマン博士は、米国や日本の愛国者市民に対して、「人類史上最悪の、悪魔のごとき暴君の独裁政治を打ち倒す」ための戦いに立ち上がるように、30年以上に渡り訴え続けている。

 かって、日本の民主党が政権を奪取した時、彼らのインデックス2000というマニュアルが、300人委員会のもくろみと符合するようなところがあった。例えば、家族制度の崩壊である。福島瑞穂などは、勝ち誇ったように、家族制度崩壊を叫んでいた。

 10/03付け、産経新聞、「正論」欄に、八木秀次氏「同性婚」許容判決は看過できぬ、が載った。これはまさに、300人委員会の目論みと合致するように見える。

 同性婚は、基本的人権より以前に、人類生存の本能という進化論からも逸脱しているようだ。

 引用記事
 https://special.sankei.com/f/seiron/article/20191003/0001.html

 アメリカも日本も、300人委員会の魔手は、政治、教育等々の中枢に深く潜入していると言われる。

 300人委員会の大きな狙いは、アメリカを、脱工業化、社会主義化し、英国の再植民地化することだという。民主党議員75%が社会、共産主義者だと言われている。日本も、司法、法曹界の多くは、社会主義、共産主義者だと聞く。

 グレートジャーニーは、少ないエネルギー消費を目指し、地球と人間を取り戻す輝かしい旅ではないだろうか。

 原住民の知恵から、我々が学ぶべきことは多い。


 上記、コールマン博士の警告は、笑い話、都市伝説、絵空事では済まされないかもしれない。

 「ボーット生きてんじゃねえよ」,ちこちゃんに叱られないように、手遅れになる前に、我々は、マインドコントロールから覚醒するよう立ち上がらねばならない。



参考図書

グレートジャーニー探検記 [ 関野吉晴 ]

価格:1,320円
(2019/10/3 11:30時点)
感想(0件)






300人委員会(上) 支配される世界 [ ジョン・コールマン ]

価格:1,980円
(2019/10/3 11:33時点)
感想(0件)





コールマン博士・最後の警告 〈再編新刊〉人類奴隷化計画プログラムの恐怖 [ ジョン・コールマン ]

価格:1,870円
(2019/10/3 12:14時点)
感想(0件)





nice!(265) 
前の5件 | -